YOSHIO NOZAWA

プロバンスの光と色彩にすっかり溶け込んだ日常、
取り巻く澄んだ空気を、ごく自然に描き続ける・・・
ー マルセイユ旧港の夕暮れ ー

CONCEPT

北風ミストラルや夏の異常なまでの乾燥などの厳しい気候風土でも、この大地の畑や森や草花が、春夏秋冬のプロバンスの豊かな表情を見せてくれます。
年々歳々繰り広げられるこの地の営みが私の画家としての成長の糧になりました。
オリーブ、プラナタス、糸杉、パラソル松、そしてアーモンドの老木達が「生きるとは」と問いかけてきます。
今は自分の中にすっかり溶け込んだプロバンスの光と色彩、それらを取り巻く澄んだ空気をごく自然に自分の風景として、日本とフランスの垣根を越えた視点から、今を生きる画家としての時代精神で、キャンバスのうえに結晶化した作品をご覧頂きたいと思います。

野澤好夫

WORKING PLACE

PORTFOLIO

PROFILE

野澤好夫氏は、1987年芸大卒業後フランス政府給費留学生として渡仏して以後30年現在までフランス・マルセイユに滞在。
ヨーロッパで精力的に創作活動を行い、ル・サロン アーチスト フランセ(パリ)、ベルギー、カナダほか、数々の展覧会で多数受賞する。南仏の光と色彩、それらを取り巻く澄んだ空気に身を置いて、文化や習慣を乗り越え、のびのびと筆を走らせ年々繰り広げられるこの地の営み、プロバンスの豊かな表情を描き出している。

略歴

1980年  東京芸術大学油絵科卒大橋賞受賞
1982年  東京芸術大学大学院卒
1987年  フランス政府給費留学生として渡仏

[受賞歴]
1993年  ル・サロンアーチストフランセ(パリ) 銅賞(銅版画)
サンテニャン市サロンインターナショナル 金賞(銅版画)
1994年  ムクロン市(ベルギー)アートトリエンナール11回展 銀賞、審査員賞(絵画)
コクシッド市(ベルギー)サロンインターナショナル 銅賞(銅版画)
1995年  コクシッド市(ベルギー)サロンインターナショナル 銀賞(銅版画)
1996年  ムクロン市(ベルギー)アートトリエンナール12回展 銀賞、アルコソフト賞(銅版画)
2003年 バルドール市サロンインターナショナル 抽象画賞(絵画)
2005年   ル・サロンアーチストフランセ(パリ) 銀賞(銅版画)

最近の展覧会

2013年  エクスポジャパンスッド 総領事館後援
マルセイユ文化都市年 企画国際展 日本代表
2014年  ギャラリーコンセプト21(東京港区北青山)
2016年  ギャラリーコンセプト21(東京港区北青山)
2018年  ギャラリーコンセプト21(東京港区北青山)
2020年  ギャラリーコンセプト21(東京港区北青山・コロナ禍により内覧会のみ)
1995年~1999年  モントリオール・ケベック版画協会会員

「Online Portfolio」series

Gallery Concept 21 omotesando, Tokyo, Japan