MOTOYUKI | 岡本幸久

― 枝木とCGをエレメンツとして ―

曲面に自然の恵みを借りながら・・・
2つの点を繋ぐ線上に、過去もこれからも。

20代は枝木の曲線をアレンジした作品を制作していました。その後コンピュータグラフィックスに携わる中で、矩形の辺を変化させることで複雑な曲面が織り成す陰影の美しさを現実の作品として表現できないものか、と試してみたのが2015年です。

部屋に飾られた作品は、喜怒哀楽が織りなす普段の生活空間の傍らで共に時を過ごします。まるでインテリアの一部のようです。インテリアと違うのは機能は持たず、ある時は喜びを、またある時は慰めを、そして、部屋に戻ったあなたを少しばかりですが、癒してくれるはずです。

CONCEPT

作品は、枝木の曲線から成る「歪んだ面」を持つため、壁に掛けると複雑で微妙な陰影ができます。その陰の明暗を色彩に置き換えていった作品です。従って作品は絵具を載せるキャンバスであり、モチーフでもあります。陰影は朝、昼、照明効果と施された色彩の発色が変化し楽しませてくれます。ハンドストロークではなく自然木が生み出す曲線は同一に成らず飽きることのないテイストを持ち続けることでしょう。

ー MOTO-YUKI(岡本幸久)

WORKING PLACE

PORTFOLIO

PROFILE

野澤好夫氏は、1987年芸大卒業後フランス政府給費留学生として渡仏して以後30年現在までフランス・マルセイユに滞在。
ヨーロッパで精力的に創作活動を行い、ル・サロン アーチスト フランセ(パリ)、ベルギー、カナダほか、数々の展覧会で多数受賞する。南仏の光と色彩、それらを取り巻く澄んだ空気に身を置いて、文化や習慣を乗り越え、のびのびと筆を走らせ年々繰り広げられるこの地の営み、プロバンスの豊かな表情を描き出している。

略歴

1954年  高知県生まれ
1982年  東京藝術大学大学院美術研究科油画専攻修了
1985年  東京工学院芸術専門学校CG科就任
1989年  宇都宮文星短期大学美術学科就任
1999年  文星芸術大学美術学部教授就任
2011年  同大学学部長就任
2018年  同大学副学長就任
2019年  文星芸術大学特任教授

1954  Born in Kochi Prefecture
1982  Completed the Oil Painting Course at Tokyo University of the Arts Graduate School of Art
1985  Tokyo College of Technology, CG Department
1989  Attend Utsunomiya Bunsei Junior College Department of Fine Arts
1999  Professor of Bunsei University of Art
2011  Academic Dean of the University
2018  Vice president of the university
2019  Professor at Bunsei University of Art

最近の展覧会

1981年  個展 銀座絵画館、グループ展 高知大丸百貨店
1983年  個展 檜画廊
1984年  個展 村松画廊
1985年  個展 ルナミ画廊、「臨界芸術の位相展」、企画展 村松画廊、CG作品:「憧憬」パソコン大賞、NICOGRAPH(日本コンピュータグラフィックス協会)
1986年  個展 ルナミ画廊「五つの表現」、企画展 村松画廊、CG作品:「DOGMASTER」、NCGA(National Computer Graphics Association)アメリカ
1989年  CG作品:「昼草夜虫」NCGA アメリカ、オーストリア映像展第三位 オーストリア
1991年  CG作品:「ONCE IN A BLUE MOON」、Images du futur 91 カナダ、以降2015年までCG映像制作
2016年  「7VECTORS」、グループ展 創英ギャラリー 以降毎年開催
2018年  「MOTO-YUKI展」、個展 創英ギャラリー
2019年  グループ展「8VECTORS」 創英ギャラリー
2021年  「MOTO-YUKI EXHIBITION」 Gallery Concept 21、東京/表参道

1981  Solo Exhibition, Ginza Picture Gallery、Group Exhibition Kochi Daimaru Department Store
1983  Solo Exhibition, Sakai Gallery
1984  Solo Exhibition Muramatsu Gallery
1985  Solo Exhibition, Lunami Gallery、“Critical Art Topology Exhibition”, Special Exhibition, Muramatsu Gallery、CG work: “Adoration”, PC Award. NICOGRAPH (Japan Computer Graphics Association)
1986  Solo Exhibition, Lunami Gallery、“Five Expressions”, Special Exhibition, Muramatsu Gallery、CG work: “DOGMASTER”,、NCGA (National Computer Graphics Association) USA
1989  CG work: “Nocturnal Caterpillar” NCGA USA、Austrian Film Exhibition 3rd. Austria
1991  CG work: “ONCE IN A BLUE MOON”, Images du futur 91 Canada, and then CG production until 2015
2016  “7VECTORS”, group exhibition held every year since the Soei Gallery
2018  “MOTO-YUKI Exhibition”, solo exhibition, Soei Gallery
2019  Group Exhibition “8VECTORS” Soei Gallery
2021  「MOTO-YUKI EXHIBITION」 Gallery Concept 21、Tokyo/Japan

受賞歴

1985年  「臨界芸術の位相展」、村松画、CG映像作品:「憧憬」、パソコン大賞。NICOGRAPH(日本コンピュータグラフィックス協会)
1986年  CG映像作品:「DOGMASTER」、学校・研究所部門第一位、ロバートエイブル特別賞。NCGA(National Computer Graphics Association)
1989年  CG作像作品:「昼草夜虫」、学校・研究所部門第三位。NCGA アメリカ、オーストリア映像展第三位。オーストリア
1991年  CG映像作品:「ONCE IN A BLUE MOON」劇場部門第一位。Images du futur 91 カナダ、以降2015年までCG映像制作映像

1985   “Phase exhibition of critical art”, Muramatsu Gallery、CG image work: “Adoration”, PC Award. NICOGRAPH (Japan Computer Graphics Association)
1986  CG video work: “DOGMASTER”, 1st place in the school and research institute category, Robert Able Special Award. NCGA (National Computer Graphics Association)
1989  CG image work: “Nocturnal Caterpillar”, 3rd place in the school and research institute section. NCGA America、Austrian Film Exhibition 3rd. Austria
1991  CG video work: “ONCE IN A BLUE MOON” 1st in the theater section. Images du futur 91 Canada, then CG video production until 2015

「Online Portfolio」series

Gallery Concept 21 omotesando, Tokyo, Japan