Gallery Concept 21 ギャラリーコンセプト21
東京都港区北青山 3-15-16[表参道]
Tel.&Fax.03-3406-0466
トップへ戻る
EXHIBITION GUIDANCE ACCESS CONTACT LINK
EXHIBITION
2019年7月の展覧会
第17回 アルテ展 小野木裕子作品展 – 水墨渾然 –「水面」 第13回 桂友会ペン水彩画展 MIWA DOLL Fantasy 2019
第17回 アルテ展 小野木裕子作品展 – 水墨渾然 – 第13回 桂友会ペン水彩画展 MIWA DOLL Fantasy 2019
2019年7月の展覧会
第17回 アルテ展
秋場秀一 狩野和男 木村鉄子
齋藤巖 伴場園江 深谷計子
藤井冨士 松崎加寿子 山下朝子
会期: 7月4日(木)〜7月10日(水)
時間: 11:00a.m.〜6:00p.m.
(最終日は3:00p.m.まで)
経験を重ねて内面を磨きあげてきたメンバーの一人一人、絵に作者の性格、人生、考え方が映し出された独自の世界を描く。
「ブルーボンネットをバックに」秋場秀一
「レタスとピーマン」齋藤巖
「伴場さん」藤井冨士
小野木裕子作品展 – 水墨渾然 –
小野木裕子
会期: 7月11日(木)〜7月17日(水)
時間: 11:00a.m.〜7:00p.m.
(最終日は2:00p.m.まで)
「水墨画」といえば「墨絵」が一般的に知られているが色彩をからめた作品もある。
また表現のスタイルも、古典的なものから現代的で抽象的なものや一筆描きのシンプルなものまで様々ある。今展ではいろいろな表情の作品を選んで展示。
「K2」
「湧」
「アーサー王の丘」
■小野木裕子(おのぎひろこ)
[略歴]
徳島市生まれ。3歳から水彩画を始め、同志社大学在学中に京都真如堂の画僧、齋藤眞成氏に油絵を師事。大学では美術史を、大学院においては考古学を専攻。1988年から3年間、中国考古学および中国陶磁史の研究のため、 中国北京大学考古系に留学。中国各地の遺跡や博物館を訪ね、貴重な文化財や美術品を調査研究し、帰国。博士課程後期単位取得退学。その後中国北宗派水墨画家、馬星華氏と出会い、水墨画の制作を開始する。福岡市在住。
第13回 桂友会ペン水彩画展
熱海光子 上田貴夫 及川雍子
加治正明 高田玲子 児玉映子
武部紀美子 道口義男 西島勝
服部裕夫 羽路嘉代子 深澤さゆみ
見澤谷萬里子 和田千恵子
会期: 7月18日(木)〜7月24日(水)
時間: 11:00a.m.〜6:00p.m.
(最終日は3:00p.m.まで)
日本の木造建築の第一人者である故吉田桂二先生の指導を受け、ぺンと水彩で世界各地の街と風景を描いてきた桂友会。今展で13回目の作品展。
深澤さゆみ「フランスの美しい村」
道口義男「江戸時代からのお米屋さん」
上田貴夫「聖カタリーナの小路(タリン)」
MIWA DOLL Fantasy 2019
三輪輝子
会期: 7月25日(木)〜7月31日(水)
時間: 11:00a.m.〜7:00p.m.
(最終日は3:00p.m.まで)
今回の展覧会は、人形に「ミハエルネグリン」のアクセサリーをリライトして使用する等、今まで以上に憧れの世界を表現。
4人のスタッフ (河津明美・Shio・
つちやひろし・まゆか)の作品も展示。
三輪輝子
つちやひろし
まゆか
■三輪輝子
[略歴]
1970年 東京芸術大学日本画科卒業
1978年 ビスクドール制作を始める
1981年 初個展 (銀座カネボウビル)
1988年 広島星ビル創作人形大賞特別賞受賞
1989年 人形教室主催
1995年 日米ドールアートコングレス参考展示(アメリカ)
1997年 ロザリー・ワイエル人形美術館に「天草四郎」 永久展示(シアトル)
1999年 伊豆高原に「創作人形館ミワドール」オープン
2004年 「球体関節人形展」出品(東京現代美術館)、ドールファンタジア招待
2008年 アーツJクラフツ展招待(箱根彫刻の森美術館)
2014年 伊豆高原ドールアート主宰
2018年 My・クリエイティブドール展(横浜人形の家)
ギャラリーコンセプト21
107-0061 東京都港区北青山 3-15-16 Tel.&Fax.03-3406-0466(画廊)