Gallery Concept 21 ギャラリーコンセプト21
東京都港区北青山 3-15-16[表参道]
Tel.&Fax.03-3406-0466
トップへ戻る
EXHIBITION GUIDANCE ACCESS CONTACT LINK
EXHIBITION
2017年5月の展覧会
第33回 青陽展 ART JOINT 3 加藤真夢 –出会い そして やすらぎ– 山根悦子 ボタニカルアート&月刊絵本かがくのとも『リュウノヒゲ』原画展
第33回 青陽展 ART JOINT 3 加藤真夢 –出会い そして やすらぎ– 山根悦子 ボタニカルアート&月刊絵本かがくのとも『リュウノヒゲ』原画展
2017年5月の展覧会
第33回 青陽展
浅利影子 河渕リツ子 清水満久
鈴木広勝 山口幸子
会期: 5月4日(木)〜5月10日(水)
時間: 11:00a.m.〜6:00p.m.
(最終日は3:00p.m.まで)
クロッキー仲間が共通の志を持ち、
若さと情熱を表現した
“青陽”を名称に掲げて
第1回展を開催してから4半世紀がたつ。
自由な表現・技法を模索しながら
制作した作品(版画、油絵、
アクリル画、テンペラ画、影絵)
約30点を展示。
第33回 青陽展「茂風」清水満久
第33回 青陽展 河渕リツ子
第33回 青陽展 鈴木広勝
ART JOINT 3
岡村透子・・ファンタジーの世界
小野田志津代・・風シリーズ
松崎九鬼・・リンゴシリーズ
会期: 5月11日(木)〜5月17日(水)
時間: 11:00a.m.〜7:00p.m.
(最終日は3:00p.m.まで)
其々ジャンルも(世代も)違う3人が、
一つの空間の中で響きあい、反発し合い、
主張し合い、刺激し合う・・・作品展。
ART JOINT 3「ファンタジー5」岡村秀子 ART JOINT 3「リンゴシリーズE」松崎九鬼
ART JOINT 3「風の音」小野田志津代
■岡村透子
[略歴]
1972年生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業。
雑誌、広告媒体でイラストレーターとして活動。
2005年より作品制作をはじめる。国内外での展覧会を多数開催。
2010年よりアートオブセッションギャラリー所属。
画材・技法:
キャンバスに和紙やガーゼ、金 箔などをコラージュし、
特有の手法で縫い合わせ立体感を出す。油彩、アクリル絵の具をミックスし、着彩。
■小野田志津代
[略歴]
1960年生まれ。武蔵野美術大学大学院彫刻科卒業。
自由美術協会会員
国内外での展覧会多数。
画材・技法:木彫
■松崎九鬼
[略歴]
1946年生まれ。武蔵野美術大学短期大学部油絵学科卒業。
日本美術化連盟会員、自由美術協会会員
NY,中国など含め国内外での展覧会・個展多数。
画材・技法:布キャンバス、厚手紙ボードにアクリル絵の具で制作。
加藤真夢
–出会い そして やすらぎ–
加藤真夢
会期: 5月18日(木)〜5月24日(水)
時間: 11:00a.m.〜6:00p.m.
(最終日は3:00p.m.まで)
春の大変気候の良い時期に、3回目の個展を
青山のギャラリー「コンセプト」さんで
行わせて頂く事を有り難く思っております。
3年と言いましてもあっと言う間で、
特別な事を何もしなければ
それで平凡に過ぎゆきます。
自分にカツを入れ、好きな絵を描く事は
続けたいと発表させて頂いております。
1年おきに行く思い出のイタリアの風景と、
庭の花をいつもながら描きました。
春の散歩かたがたご覧頂けましたら
幸いと存じます。
又、昨年は銀の鈴社から出版の詩集3冊の
挿絵を描かせて頂きました
(ぼくらのうた、地球は家族ひとつだよ、
おたんじょう)。
ご覧頂けましたら幸いです。
加藤真夢
加藤真夢 –出会い そして やすらぎ–「レモンと椅子」
加藤真夢 –出会い そして やすらぎ–「ブルーの花たち」
加藤真夢 –出会い そして やすらぎ–「クリスマスローズ」
■加藤真夢
[略歴]
1951年2月8日 岩手県雫石にて誕生
画家の祖父深澤省三、祖母深澤紅子の孫として育つ。
1971年 自由学園卒業
自由学園工芸研究所、研究生として2年間学ぶ。
1973年〜82年 夫の赴任地ミラノで生活
1982年 帰国。イタリア料理を教えるかたわら、生徒と共に
一年おきにイタリアの田舎を巡る旅をして絵を描き続けている。
[個展]
2002年5月 鎌倉画廊(鎌倉小倉)
2005年6月 ギャラリーとう華(軽井沢)
2011年6月 ギャラリーコンセプト21(青山)
2014年5月 ギャラリーコンセプト21(青山)
2017年5月 ギャラリーコンセプト21(青山)
山根悦子 ボタニカルアート&
月刊絵本かがくのとも『リュウノヒゲ』原画展
山根悦子
会期: 5月25日(木)〜5月31日(水)
時間: 11:00a.m.〜6:00p.m.
(最終日は3:00p.m.まで)
ボタニカルアーティストでもある
作者自身の眼を通して描いた
福音館書店刊、新作絵本「リュウノヒゲ」、
韓国Woongjin Think Big社より刊行予定の
「おしろいばな」「ぺんぺんぐさ」の
原画他、ボタニカルアート作品計40点余を
展示します。
山根悦子
山根悦子 ボタニカルアート&月刊絵本かがくのとも『リュウノヒゲ』原画展「リュウノヒゲ」絵本表紙
山根悦子 ボタニカルアート&月刊絵本かがくのとも『リュウノヒゲ』原画展「リュウノヒゲ」絵本より
山根悦子 ボタニカルアート&月刊絵本かがくのとも『リュウノヒゲ』原画展「おしろいばな」絵本より
■山根悦子
[略歴]
東京生まれ/ 武蔵野美術短大卒 日本植物画倶楽部会員
家族と共にシカゴ、ジャカルタに住んだ経験から、自生植物の生態の面白さに惹かれ
帰国後ボタニカルアート、植物絵本、童画の制作を始める。
http://etsubotani.wixsite.com/etsukoy
【受賞歴】
2007年 第12回米ハント国際ボタニカルアート展入選・作品収蔵
2010年 英国王立園芸協会フラワーショー準金賞
2014年 伊ボローニャ国際絵本原画展入選『ぺんぺんぐさ』出品
2004〜17年 現代童画会に於て、新人賞、坂出市民美術館賞、
弥生美術館賞、など受賞歴多数。
【出版物 他】
英語副教材: Phonics Activities in Story & Rhyme イラスト
(The Center for Applied Research in Education刊2001年 )
絵本: 『おしろいばな』『ぺんぺんぐさ』『リュウノヒゲ』
(福音館書店刊2010年〜)
図鑑: 学研もちあるき図鑑『まるごと日本の季節』『いつもの食材』
(学研教育出版2011年)
商品: 『ホルベイン透明水彩絵の具 ボタニカルアート24色セット』監修、
ボタニカルアート作品「ヒメリンゴ」がパッケージデザインに起用
【個展】
2007.3 第1回植物画展 東京 木の葉画廊
2010.7 第2回植物画展 東京 木の葉画廊
2014.9 2014イタリアボローニャ国際絵本原画展入選作家企画展
山根悦子展 兵庫県 R&Pギャラリー
ギャラリーコンセプト21
107-0061 東京都港区北青山 3-15-16 Tel.&Fax.03-3406-0466(画廊)