Gallery Concept 21 ギャラリーコンセプト21
東京都港区北青山 3-15-16[表参道]
Tel.&Fax.03-3406-0466
トップへ戻る
EXHIBITION GUIDANCE ACCESS CONTACT LINK
EXHIBITION
2018年6月の展覧会
ボタニカルアート“花籠” 第13回作品展 バティックの美<br>渡辺万知子コレクション–2018 田嶋陽子 第4回「書アート個展」<br>–こもれる日々– 大槻 博 展 「落花 流水」 しずまれい 第10回 創画展<br>〜イタリア奇想画Ⅱ〜
ボタニカルアート“花籠” 第13回作品展 バティックの美<br>渡辺万知子コレクション–2018 田嶋陽子 第4回「書アート個展」<br>–こもれる日々– 大槻 博 展 「落花 流水」 しずまれい 第10回 創画展<br>〜イタリア奇想画Ⅱ〜
2018年6月の展覧会
ボタニカルアート“花籠”
第13回作品展
安達淑子 石村順子 裏野洋子
下岡徹也 鈴木嗣夫 高原千寿子
玉木雅子 中川冨美子 中根希三子
二川和子 三木由美子 山岸瑛子
山下美智子 芳田紀久代
会期: 5月31日(木)〜6月6日(水)
時間: 11:00a.m.〜6:00p.m.
(最終日は3:00p.m.まで)
花籠14名は女子美術大学アートセミナー
ボタニカルアートコース研究科生徒の
グループ。
滝澤栄利子先生のご指導の下、
植物の持つ生命力、
美しさを作品の中に表現。
約40点の展示。
裏野洋子
石村順子
山下美智子
バティックの美
渡辺万知子コレクション–2018
渡辺万知子
会期: 6月7日(木)〜6月13日(水)
時間: 11:00a.m.〜7:00p.m.
(最終日は3:00p.m.まで)
バティックにはジャワの王宮発祥の神秘思想を秘めた模様と、
輸出向けに作られてきた華麗な模様があり、比較展示をする。
手描き更紗の美しくて心地よい服と共に布を販売。
渡辺万知子コレクション
渡辺万知子コレクション
渡辺万知子コレクション
田嶋陽子 第4回「書アート個展」
–こもれる日々–
田嶋陽子
会期: 6月14日(木)〜6月20日(水)
時間: 11:00a.m.〜7:00p.m.
(最終日は3:00p.m.まで)
軽井沢の山居で三十数年、
いろいろありました。
日々、こもれ日の中で過ごしながら、
書にひと筋の光を見いだしています。
その姿を皆様にご覧いただければと
思います。
「諍い」
「菩薩」
「夢」
■田嶋陽子
[略歴]
元法政大学教授。元参議院議員。英文学、女性学研究者。
女性学の第一人者として、またオピニオンリーダーとしてマスコミでも活躍。
津田塾大学大学院博士課程修了。
現在、歌手活動とともに、書アートでも自分の世界を表現。
1941年 岡山県に生まれ、静岡県で育つ。
1969年 津田塾大学大学院博士課程修了。
1970年 母校津田塾大学などで講師を務めた後、奨学金を得てイギリス留学。
1972年 法政大学専任教師、助教授を経て、76年から2001年まで25年間、
第一教養部教授(専門は、英文学、女性学)
1979年〜81年 LONDON大学 BRICK COLLEGE (訪問研究員) 留学。
2001年 参議院議員、2003年、神奈川県知事選立候補により自動失職。
2011年 「アートショップ遊」に入会。 CACA現代アート書作家協会会員。
大槻 博 展 「落花 流水」
大槻 博
会期: 6月21日(木)〜6月27日(水)
時間: 11:00a.m.〜7:00p.m.
(最終日は3:00p.m.まで)
落花流水には、
男と女の相思相愛で、
ともに流れてゆく姿あり。
日本人の表現者として、
表現素材「和紙」をつかい、
墨・アクリル絵具・その他で
「流れ」を表現。
他にない図面を追い求める。
「そして ひろしのあそび」同時展示。
過去に制作した五作品
(児童画、イラストレーション2作、綴り方教室)
大槻 博 展 大槻 博 展
大槻 博 展
[経歴]
1941年 図案家・大槻四郎の次男として東京市滝野川区に生まれる
1964年 多摩美術大学図案科卒業
2000年 広告会社電通を定年退職
1977年より二人展・個展・公募展・グループ展及び海外展などに多数出品
しずまれい 第10回 創画展
〜イタリア奇想画Ⅱ〜
〜Capriccio italianoⅡ〜
しずまれい
会期: 6月28日(木)〜7月4日(水)
時間: 11:00a.m.〜7:00p.m.
(最終日は3:00p.m.まで)
木炭書®
私が提唱している『木炭書』とは、
『木炭を使用し、一定の文字が持つ意味と
それのカタチから想起されるイメージを、
まず書(線描)というカタチで表し、
最終的に絵画として具象化する』
という絵画を描くための一手法です。

重ね書®
書において、より絵画的表現を
可能にするため、
敢えて一気書きの不文律に囚われず、
自由に、自分の納得いくまで
筆を重ねる、
『重ね書』を提唱致します。

額X画®(Framing Painting ®)
作家が、絵画だけでなく
絵画本体に合った
額縁とセットで制作するという
絵画表現です。

Color Beads Painting
カラービーズを岩絵の具の粗い粒子として
絵を描いてみました≪タイトル画≫。


今年も、昨年に引き続き、
イタリアで印象に残った風景等を
創画してみました。
「Verona」
「Galleria Vittorio EmanueleU」
「Torre del Mangia」
ギャラリーコンセプト21
107-0061 東京都港区北青山 3-15-16 Tel.&Fax.03-3406-0466(画廊)